Planetarium SS置き場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ シズル×ナツキ □

初体験

念願のイチャコラSS(笑)




「なぁ・・・ん、シズ・・・ル」
「なんどすやろ?」
「こんなことの最中に・・・今更・・・だが」
「ん?」
「お前の初めてって・・・いつなんだ?」
 ナツキの首筋を這っていた唇がピタっと止まる。
「アンタ・・・ホンマにこないな時になんちゅーこと言うんやろ」
 呆れたように小さく溜息をつくと、ナツキの顔の両脇に両手をついて真上から見下ろした。
 それを若干すまなそうな顔で見上げるナツキに毒気を抜かれたのか、シズルの肩からストンと力が抜け、ナツキの横に身体を移動させるとぽすっ枕に顔を埋めた。
「なんやのん突然?」
 枕から顔を上げると、ごそごそとナツキの首の下に腕を通して頭を抱き寄せる。
 シズルの肩と首の間にナツキの頭がスッポリハマると、ナツキはすんっと鼻を鳴らした。
 艶やかな黒髪を優しく梳くと髪に唇を寄せ、シズルはそっと囁いた。
「そないに気になりますか?」
「いや、そ、そうじゃない・・けど」
 モゾモゾと少し恥ずかしそうに顔を埋めるナツキの唇がシズルの鎖骨に当たる。
「けど?」
「シズルはその・・・わたしが初めてじゃないだろう?」
「・・・せやったら?」
「あ、いや、別にだからどうって言ってるんじゃないんだ!ただ・・・少し・・・」
「妬いてはるん?」
「ち、ちがっ!」
 顔を真っ赤にして言い返そうと一瞬顔を上げるが、すぐにまたモゾモゾと元の位置に戻る。
 どうもその位置が気に入ったようだ。
「ナツキ?」
「初めて・・・した時から・・・何か慣れてるみたいだったし・・・」
「ん?」
「シズルは誰にその・・・教わったのかな・・・とか」
 更にシーツの奥深くに潜り込んでしまったナツキが可愛くて可愛くて、思わずシズルの頬が緩む。
 もう我慢の限界だった。
「もう、ホンマこの子は・・・いつまで経ってもかいらしなぁ。
 学園長ゆぅ立派な立場になってもやっぱりナツキはナツキやなぁ」
 自分も一緒にシーツの中に潜り込み、再びナツキを組敷くように上になるとそれ以上は何も言わせないとうように唇を塞いだ。
「ん・・・ふ・・・」
 呼吸をする間も与えないように一瞬唇を離してもすぐにまた塞ぎ、舌を差し入れては中を掻き回す。
 溢れる唾液をも味わうように舐めとりながら、ようやく唇が離れた瞬間、ナツキはぷはっと大きく息を吐いた。
 落ち着くまで荒い呼吸を繰り返すナツキのささやかな胸が小さく上下する。
 その先端をシズルは口に含むとはむっと甘噛みする。
「ん!」
 不意を突かれ、ピクンと背中を反らすナツキの身体を押さえつけるように空いた手が胸を覆う。
 ゆっくりとその手が揉みしだくように動くと同時に、もう片方の胸の先端を舌が転がす。
「やっ、シズっ・・・」
「あんたが誘ったんや」
「そんな・・・あん」
「ナツキこそ・・・こないかいらし顔・・・誰かに見られたことあるん?」
「なっ!?」
「それともうちと離れてた間・・・我慢しとったん?」
 イジワルな問いかけを囁きながら、ナツキの中心周辺を手の平がサっと撫でる。
「やっ!」
 もうその辺がすでに潤っていることは今の一瞬で十分わかった。
「こんなこと・・・誰かにされたん?」
 イジワルそうな笑みを浮かべ、そうだと言われるハズはないとは思いながらもふと一抹の不安がよぎる。
 その不安を打ち消すかのようにシズルの長くしなやかな指が有無を言わせずツプっと埋まった。
「ひっ・・・バカ・・・言うな」
 シズルの首にしがみつくようにして抱きつくと、ぎゅっと背中に爪を立てて抵抗する。
「バカなこと・・・どすか?」
 一本から二本へと指を増やして再び掻き回す。
 背中の痛さも感じないほどナツキの中心に集中し、感じていた。
「はぁっ、バ、バカ・・・わたしはずっと・・・お前以外・・・んん!」
 その言葉だけで十分だった。
 シズルの指の出入りするスピードが一気に上がる。
 ちゅぷっと卑猥な音がリズミカルに響く。
「あ、あっあん・・・ふっ、やぁっ・・・!」
 刺激が快感に変わるにつれ、次第にナツキの腰もその動きに合わせるように動き始め、シズルの背中には更に真っ赤な爪痕が刻まれる。
「あぁ、ナツキ・・・ナツキ・・・」
「もう・・・ヤメっ・・・シズル」
「あかん、まだ・・・」
「イ・・・ジワル・・・言うな」
 シズルの舌がナツキの中から掻き出された蜜液を舐めとると、そのまま指のかわりに今度は舌を差し入れる。
「いやぁっ!シズっ・・・!!」
 さっきとはまた違う種類の快感が全身を駆け巡る。
 丹念に中を掻き回すように執拗に舐め、啜り、ナツキの意識を奪うまでその行為は続けられた。
「あんたはうちのもんや、誰にも渡さへん」
「ん・・・!!!」
 大きく身体を震わせたかと思うと、ピンと硬直させ、次の瞬間体中全ての力が一気に抜けた。
 ドサっとベッドに沈み込むナツキを追うようにしてシズルも力尽きた。

  ☆

「ん・・・」
 もそもそとシズルの腕の中で身じろぎするナツキ。
 その感触でシズルは目を覚ました。
 オトメはマイスターを守るため、常に気を配っていなければならない。
 そういう訓練を、この学園でも受けて来た。
 そのせいか眠っている間もどこか気を張っているせいか、少しの物音でも目覚めるクセがあった。
 だがナツキはよほど疲れてしまったのか、簡単には起きそうになかった。
 少しだけ力を込めて頭を抱き寄せると、髪にそっとキスを送る。
「んん?シズ・・・ル?」
「堪忍、起こしてしもた?」
「ん・・・」
 すりすりとシズルの首筋に唇を寄せると、触れるか触れないかのところで囁く。
「だいじょ・・・ぶ、眠く・・・ない・・・ぞ」
 今にも瞼が落ちそうになっているのに強がろうとするナツキがかわいくて仕方が無いシズルは、我慢しきれずにナツキの顎に手を当て、軽く持ち上げた。
 触れるだけのキス。
 それはナツキを再び眠りに落とすには十分だった。
「シズ・・・ル・・・ん・・・むにゃ」
「ふふっ、かいらしなぁナツキ」
 両腕の中にスッポリとナツキを包み込むと、シズルも再び眠りについた。
 幸せな眠りに・・・。

  ☆

「ところでシズル」
「ん?」
「昨日の問いにまだ答えてもらってないよな?」
 学園長室で山積みの書類に次々とサインをしていく手を止め、突然思い出したようにボソっとナツキが呟いた。
「はい?」
 あまりにも突然のことで思わず仕事の手を止めてキョトンと聞き返してしまう。
「なんだかんだと昨日はごまかされてしまったが、結局どうなんだ?」 
「あぁ~それはその・・・」
「今晩じっくり聞かせてもらおうか」
 ニヤリと唇の端を少しだけ上げて笑う。
「あの・・・ナツキ?」
「さて、さっさと終わらせるぞ~」
 今までの倍のスピードで書類にサインをしていくナツキの顔には、何を想像しているのか満面の笑みが広がっていた。



 さて・・・どないしましょかなぁ。
スポンサーサイト

* 「シズル×ナツキ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2008/08/26
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://moetetsu7.blog59.fc2.com/tb.php/88-633d829b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。