Planetarium SS置き場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ まこレイ □

寂しさを埋めるために

まこ亜美・美奈レイ前提のまこレイです。
R-18気味。









「もう帰っちゃうの?」
 黙って出ようと思ったのに。
「ん」
「そか」
 彼女はそれだけ言うとあたしに背を向け、小さく手を振ると小声であたしを呼んだ。
「レイ」
「なに?」
「またな」
「・・・うん」
 

 いつの頃からか、彼女とこういう関係を持つようになっていた。
 最初はお互い寂しさからだった。
 そう、あたしたちにはお互いちゃんと恋人がいた。
 そんなあたしたちがこんなセックスをするだけの関係になってしまったのは、一応理由があった。言い訳がましいかもしれないけど、単に寂しかったからだ。
 あたしには美奈がいて、彼女には亜美ちゃんがいる。
 だけど美奈はいつも飛び回っていてほとんど帰って来ない。亜美ちゃんはドイツに長期留学で随分帰って来ていない。
 あたしたちは互いの寂しさを埋める為だけに、身体を重ねていた。
 不毛なのはわかっているけど、それでもまたあたしは会いに来てしまう。


「ん・・・はっ・・・あんっ」
 彼女の愛撫は優しい。
 美奈の、噛み付くような貪るようなキスや愛撫とは全く違う触れ方に最初は戸惑いを隠せなかったけど、こういう壊れ物に触れるような愛撫が彼女らしいなと感じていた。
「まこ・・・と、ダメ・・・ねぇ」
「何が・・・ダメなの?」
 触れるだけの優しいキスが身体中に降り注ぐ。焦らすようなキスの嵐にもどかしさを隠せず、先を求めてしまう。彼女の大きな掌が胸を包み込むと、弄ぶように揉みしだき、すでに起き上がっていた先端を口に含むとカリっと軽く齧られ、吸われ、舐られる。
「はぁっ・・・」
 ビクンっと身体が跳ねる。
 その身体を押さえつけるようにのしかかってくる。彼女の力には到底かなわないことはわかっていた。首に手を回すと抱き寄せ、自分から唇を求める。
「ん・・・ふっ・・・」
 舌が絡み合い、ぴちゃぴちゃと水音が響く。
 銀の糸を引きつつ離れ、彼女が問う。
「レイ・・・挿れていい?」
 いつもこうやって最後は確認してくるところも優しい彼女らしい。
 返事代わりに一度、彼女の頭を掻き抱く。
 それが引き金になって彼女の長い指がくちゅりと挿し込まれ、中を掻き回す。
「あぁぁっ!!!やぁっ」
 ぐちゅぐちゅと掻き回され、内壁を抉られ、膨らんだ突起を親指でくりくりと弄られる。いつの間にか指が1本から2本に増え、挿入のスピードも上がり、一気に絶頂へと導かれる。


 ふと目が覚めると大体いつも同じ時間。
 背後から彼女の腕に包まれて眠る時間は思いのほか心地よくて。
 でも我に返ったあたしの脳裏によぎるのはやはり美奈の姿で。比べるつもりはないけれど、時折彼女と美奈のセックスを比べてしまう。どっちがいいとか悪いとかではなく、ただ懐かしく思える時があって。
 彼女の顔を見たくてゴソゴソと寝返りを打つと、正面から見つめる。
「ね、起きてる?」
「ん・・・どした?」
「まことはいつもこんな風に亜美ちゃんも抱くの?」
「こんな風にって?」
「いつもすごく優しいから」
「そ?・・・かなぁ?美奈は?違う?」
「ん・・・あの子は肉食だから」
「ははっわかる気がするなぁ」
「だからまこととは全然違う」
「そか、レイはそんな風にされたい?してみようか?」
「ううん・・・まことはまことだから」
「そっか」
 一瞬沈黙が訪れる。
 それを先に破ったのはあたしだった。
「来週・・・帰って来るんだって?亜美ちゃん」
「一時帰国だけどね」
「よかったじゃない」
「うん」
 あたしを抱く腕に少し力がこもった気がした。
「まこと?」
「え?」
「どうしたの?緊張でもしてるの?」
「ううん・・・そうじゃないんだけど・・・そいや美奈も来月帰国らしいじゃん」
「ま、ね」
「よかったね」
「ん・・・」
 美奈や亜美ちゃんが留守の間にあたしたちがこんな関係を持ってしまったことがわかると大変なことになるのはわかっている。絶対わからないように演技をする自信はあるけど。
「もうこんな風に会えなくなるかな」
「そうね」
「寂しいな」
「亜美ちゃんがいるでしょ?」
「そうだけど・・・さ」
「だから今日でおしまい」
「わかった・・・でもレイ・・・せめてさ、今日は・・・今日だけは一緒にいてくれない?」
「・・・わかった」
 あたしも同じように思っていた。
「じゃあ・・・おやすみレイ」
「おやすみ」
 一緒に迎える最初で最後の朝になるかもしれない・・・。



スポンサーサイト

* 「まこレイ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2015/11/19

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。