Planetarium SS置き場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ まこ×亜美 □

写真

まこ亜美でーす
リアル実写まこ亜美が仲良く旅行とか行っちゃって!
写真とかいっぱいアップされちゃって!
なんだよちくしょー今でも仲良しとかマジ萌えるじゃねーか!

ってことで写真ネタ。










 カシャっ
「ん?」
 振り返ると亜美ちゃんがあたしの方にスマフォを向けていた。
「何?何?どした?」
「なんでもないわ」
 背中に隠そうとする。
 でも隠されると見たくなるのが人間ってもんでしょ?
「えーーー?見せてよ!みーせーてぇ!」
 亜美ちゃんの袖を掴んでダダをこねてみる。
「・・・ダメ」
 何故か顔を赤らめる亜美ちゃん。
「じゃぁ力づくで取り上げちゃうよ?あたしに勝てると思う?」
 今度はニヤリと笑って脅してみる。
 それでもただふるふると首を振る亜美ちゃん。
 中々頑固なんだよねーこれが意外と。
 しょうがない、最後の手段だ。
「わかった」
 あたしは亜美ちゃんの顎に人差し指をかけると、クイっと持ち上げた。
 一瞬揺れる瞳。
 その唇にチュっと口づける。
 そしてそのまま深く、今度は舌を入れてみる。
「ん・・・ふぅっ・・・」
「はぁっ・・・」
 おそるおそるあたしの口撃に応えるように絡ませてくる亜美ちゃんの意識は、とっくにスマフォから離れていると見た・・・けどあたしの意識も若干離れちゃった。
 あたしは亜美ちゃんの腰に手を回すと、壁に押し付けた。
 もう逃げ場はない。
 耳元に唇を寄せ、かぷっと甘噛みする。
「んっ」
 ビクンっと顔を真っ赤にして震える。
 ホントここ弱いな。
 背中に隠していたスマフォを持った手がぶらりと垂れ下がる。
 もう力が入らないのだろう。
 左手で頬を撫で、首筋を通り、腕を伝う。
 そのまま力が抜け、落としそうになっているスマフォを寸前で受け止めた。
 ゲット!
 でも・・・このままやめちゃうのももったいないなぁと思ったりして。
 スマフォを取られたことにも気づいてないみたいだし。
 あたしはこっそりポケットにしまうと続行した。
 何度もキスを繰り返し、満足したところで
「好きだよ、亜美ちゃん」
 と、耳元で囁くと真っ赤になってぽすんっとあたしの胸に倒れ込んできた。
「ん?もう無理?」
 コクリと頷く亜美ちゃんを片手で抱き寄せた。
 もう片方の手でスマフォを取り出し、亜美ちゃんの後ろで操作してギャラリーを開く。
「これ・・・」
 中に入っているのはほとんどがあたしの写真だった。
 隠し撮りっていうのかな?あたしが料理してるところの後ろ姿とか、植物に水をやっているところとかっていう何気ないところばっかりなんだけど。
「え?あっ、それ!」
 初めてあたしにスマフォを奪われたことに気づいた亜美ちゃんが、凄い勢いで取り返しに来た。
 思わずよけちゃったんだけど。
「亜美ちゃんこれ・・・あたしだよね?」
 コクリと頷く。
「何かすごいいっぱいあるんだけど・・・?」
 恥ずかしそうに顔を伏せる。
「何かさ、あたしいい顔してんね」
「ん・・・まこちゃんはお花に水をあげてるところとか、お料理してるところとか、たくさん優しい顔するからつい・・・いつも見てたいし」
 うわぁ恥ずかしいなこれは。
 かぁっと体温が上がるのが自分でもわかる。
「ごめん・・・返すね」
「イヤ・・・だった?ごめんねまこちゃん?」
 泣きそうになってるよ亜美ちゃん。
 しょうがない・・・。
「亜美ちゃん、これ見て」
 あたしは自分のスマフォを取り出すと見せた。
「え?」
 ギャラリーの中には亜美ちゃんの写真がいっぱい入っていた。
 勉強してる時しかかけない眼鏡姿の真剣な表情とか、参考書を選んでる時とか、何なら寝顔の写真まであるからね。
「あたしも・・・ごめん」
「まこちゃん・・・も?」
「ん、だってさー亜美ちゃんかわいいんだもん」
 言って真っ赤になってる亜美ちゃんの顔を激写。
「ちょ、やだまこちゃん消して!」
「やーだね」
「ばかばかばか」
 ぽかぽかと胸を叩かれるけど、亜美ちゃんの力なんて知れてるからね。
「ばかで結構でーす」
 はいっと亜美ちゃんのスマフォを返す。
 自分のスマフォをいじると、これどう?っと亜美ちゃんに見せた。
「ダメ!!」
 待ち受けにたった今撮った写真を設定した画面を見せる。
 死ぬほどかわいい亜美ちゃんの写真。
「えー?いつも見てられるじゃん」
「ダメ!絶対やだ!」
「えー?どうしよっかなー」
「やめてくれなきゃ・・・帰る」
「うぇ?」
「帰る!!!」
 頬を膨らませて怒る姿もかわいいなぁとか思っちゃうとかあたし重症だな。
 でも・・・。
「あーーーっごめん!ごめんなさい!やめますやめます!」
 目の前で設定をデフォルトに戻す。
「写真は・・・消さなくてもいいから・・・待ち受けはやめて?」
「わかった・・・じゃあ今日は泊まってくれる?」
「ん・・・泊まる」
 ぽすんと再び胸の中に身体を預けて来る亜美ちゃん。


 うーんやっぱ写真よか実物の方が数百倍いいな!










スポンサーサイト

* 「まこ×亜美」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2015/09/06

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。