Planetarium SS置き場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 静留×なつき □

不安

久しぶりの更新です。
ちょっと長いから区切りながら行きます。
色々捏造あります。
18禁です。
では











「痛くしないでくれよ?」
「はいはい、わかっとります」
 なつきは静留の膝の上に寝転がり、左の耳を上に向けた。
 ふさふさの綿つきの木の耳かきを片手に静留が嬉しそうに覗き込んだ、その時だ。
 プルルルルと、ごくごくシンプルな着信音が二人の邪魔をする。
 静留の携帯だ。
「お父はんやわ、もしもし?」
 膝になつきを寝かせたままそばの携帯を手に取る。
 後半は電話の向こうの父親への返事だ。
 何の用だろう?と何となくなつきもそのままの状態で様子を見守る。
 チラリと静留が一瞬視線を下ろしたかと思うと、なつきの頭をそっと持ち上げ、立ち上がった。不満そうな顔のなつきにジェスチャーで「堪忍な」というように手を挙げて、キッチンの方に移動すると、何やらコソコソと話し込んでいるようだ。
 何か聞かれたくない話なのか?自分にさえ聞かせたくない話って何だろう?と頭の上に?が飛び交うが、さすがに盗み聞きはマズイだろうと理性で衝動を押さえ込む。
 そんな葛藤を繰り返しているうちに、何やら神妙な顔の静留が戻って来た。
「どうしたんだ?お父さん何だって?」
「ん?ん・・・」
「静留?」
「明日、こっち来るって」
「は?何でだ?」
「それはその・・・」
 言いにくそうに言葉を濁す。
「もしかして・・・見合い・・・とか?」
「ん、一回くらい父親の顔立てて会うてくれ言われてなぁ」
 はぁっと小さな溜息をつく。
「でも!・・・静留にそんな気ないんだろう?っていうかお前まだ大学生だぞ?」
「女は16歳で結婚出来ますさかいに」
「それは・・・それはそうだけど・・・」
 いちいち最もな静留の言葉に黙り込んでしまう。
 そんななつきの隣に座り、静留は再び何事もあなかったかのようになつきの頭を自分の膝の上に戻した。
 素直にされるがままに寝かされながらも憮然とした表情は戻らなかった。

  ☆

「明日の用意ありますから今日は帰ります」
「ん・・・」
 夕食の時もずっと機嫌の悪かったなつきは、最後まで素直になれないままだった。
「なつき怒ってるん?」
 心配そうに伸ばした静留の手をすり抜けるようにして、なつきはきゅっと静留の身体に抱きついた。
「え?」
 静留の伸ばした手が宙を泳ぐ。甘えるように胸に顔を埋めてくるなつきを見下ろした。
 思わず表情が緩む。
「なつ・・・き?」
「しょうがないよな」
「ん?」
「あんまり・・・人に言えるような関係じゃないもんな・・・わたしたちは」
「なつき?」
 緩んでいた頬が少しずつ強張る。
「普通はそうなんだよな」
 なつきが何を言い出すのかと静留は黙って抱き寄せた。
 顔から笑みは消えていた。
「結婚して普通に子供とか産んだりして、それが普通の幸せなのかもしれないしな」
「何が言いたいん?」
「静留はさ、女らしいこと全部出来るし、いい嫁になる素質は十分あるんだ・・・もしホントにいい相手だったりとかしたら・・・さ」
「え?」
「わたしみたいな面倒なヤツ相手するより楽だとか思うんなら・・・」
「そこまでどす」
 人差し指でなつきの唇を塞ぐように押さえると、はぁっと今度は大きな溜息をついた。
「それ以上言うたら、なんぼうちかて怒りますぇ?」
 少し怒ったような顔で睨む静留の視線に、なつきの心臓がドクンと跳ね上がる。
 コクンと唇を塞がれたまま、だが納得はしていないまま小さく頷いた。
「ほな、うち帰るけどえぇ子にしといてな、明日また来るさかいにな」
 いつもの静留の笑顔がそこにはあった。

  ☆

 静留が帰った後、何となく広く感じる部屋で一人ぼんやり天井を見つめていた。
 何もする気が起きない。
 一分一秒が異常に長く感じる。
 前にココで抱き合ったのはいつの事だっただろうと想いを巡らせた。
 静留の温もりを感じていたハズの両手を見つめる。
 この腕の中にいた確かな存在がなくなると、途端に不安に襲われる。
 あいつはちゃんと帰って来ると言った。
 あいつは自分に嘘はついても、わたしにそんな嘘はつかないヤツだ。
 だから大丈夫だ。
 大丈夫・・・。
 別に毎日泊まりに来ているわけでもないのに・・・慣れているはずの一人寝がもの凄く孤独に感じる。
「静留・・・」






スポンサーサイト

* 「静留×なつき」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/08/13
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://moetetsu7.blog59.fc2.com/tb.php/230-57a840c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。