Planetarium SS置き場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 静留×なつき □

VS

クリスマスネタ第2弾
静なつです。
なんとなく浮かんだネタ。
こんな静留がかわいくていいと思う。
ってゆーかなつきオトコマエ(笑)





「世の中はすっかりクリスマスムードだなぁ」
 ぼんやりと見ていたテレビのワイドショーでは、街を彩っているイルミネーションの紹介や、カップルへの街頭インタビュー等が流れていた。
「そうどすなぁ、うちは誕生日が過ぎたらすぐクリスマスやったさかいに、あんまり関係ありまへんでしたがなぁ」
「そういやそうだな」
「そもそも我が家はそないなイベントには疎かったどすからなぁ」
 コトンとなつきの目の前に湯気の立ち上る湯のみが置かれる。
「ありがとう」
 なつきの隣に座り、暖を取るように湯のみを包み込む。
「なつきはサンタさんに何かもろたことあるん?」
「そうだなぁ・・・デュラン・・・」
「デュラン?」
「あぁ」
 ふと視線をサイドボードの上に向ける。その後を追う静留の視線が少しうす汚れた小さな犬のぬいぐるみを捉えた。
「あれ?」
「あぁ」
 なつきは立ち上がり、そのぬいぐるみを手に取ると愛おしそうに撫でる。
「私が小さな頃、どうしても犬を飼いたいとダダをこねたことがあったんだ。でも両親は忙しいし、わたし一人で面倒見れないだろうって」
 ふふっと小さく笑う。
「でもクリスマスの朝、コイツがいたんだ・・・枕元に」
 チュっとデュランの口にキスをする。
 それを見た静留の片眉がピクリと上がる。
「あの騒動で無くしたと思ってたけど、舞衣と命と一緒に忍び込んだ研究所に落ちてたんだ。きっと逃げる時に落としたんだな」
 デュランを片手に再び静留の横に戻る。
「ほら、かわいいだろ?」
 静留の目の前でデュランをゆらゆらと揺らす。だが静留はそのデュランを奪い取るようにもぎ取った。
「ちょ、おい?」
 静留の突然の行動に目を丸くするが、静留は流し目でなつきに視線を送りながらデュランにゆっくりと唇を近づけた。
「え?」
 チュっとデュランの口に静留の唇が触れた。
「な、何してるんだ?」
「なつきと間接キスどす」
「はぁ?」
「なつきにキスしてもらうやなんて、ズルイ子ぉやわ」
 きゅっとデュランを腕の中に抱きしめると、拗ねたようになつきを見上げた。
「ぷっ・・・ははっ」
「何どす?」
 その問いには答えず、ケラケラと笑い続けるなつきに、静留の表情が不安そうに曇った。
「なつきのあほぉ」
 手の中のデュランをなつきに押し付ける。
 片手でデュランを受け取り、もう片方で静留の手をグイっと引っ張った。
「え?」
 腕の中に倒れ込んできた静留の髪を優しく梳き、撫でながら唇を寄せた。
「なつき?」
「ばかだなぁ静留は」
「何がやのん」
「デュランにヤキモチ妬くなんてな」
「せやけど・・・」
「間接キスなんかじゃなく、お前にはちゃんとしてやるのに・・・キスくらい」
 言って、きょとんとしている静留の唇に優しいキスを送る。
 触れるだけのキス。
「なつ・・・き?」
「ん?」
 今更頬を赤らめるなつきだったが、静留の頬はそれ以上に真っ赤に染まっていた。
 嬉しすぎてテンションの上がった静留は、ぎゅーーーっとなつきの首に腕を回して抱きつくと
「もっかい・・・して?」
 と甘えるように耳元で囁いた。
「ん?じゃ、じゃあもう一回だけ・・・だぞ?」
「ん」
 少し首を傾げ、再び静留の唇を塞ぐ。今度はさっきより長く、深くキスを続けた。
 お互いに離れるのを惜しむように何度も繰り返す。いつしかなつきの手から、デュランは転がり落ちていた。

  ☆

 テーブルの上に戻されたデュランの視線が二人を見つめている。
「おい、静留?」
「ん?」
 なつきに抱きついていて、テーブルに背を向けたままの静留に言った。
「デュランがヤキモチ妬いてるぞ」
 くるりと振り向くと、静留はちょんっとデュランの鼻先をつついた。
「なつきはうちのもんやからね、あげまへんぇ」
 ぬいぐるみに向かって宣戦布告する静留に、なつきは再び笑い声を上げた。






スポンサーサイト

* 「静留×なつき」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2008/12/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://moetetsu7.blog59.fc2.com/tb.php/206-6ee3bb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。