Planetarium SS置き場

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ ロビン×ナミ □

雨遊び

拍手ロビンナミ
 



 グランドラインに入ってから季節がコロコロ変わる。
 常識では考えられない天候に突然変わったりするので、航海士としては頭を悩ませることが多い。
 そしてとある島。
 雨が続く島。
「あぁ~ログ溜まるまであと一日あるのね」
 ナミは船室の窓から空を見上げる。
 青空のひとかけらも見えない曇り空から降り続ける雨。
 そんな天候にも関わらず、ルフィとウソップとチョッパーは甲板ではしゃいいでいた。
「全く何やってんだか!子供じゃないんだから」
「子供なんじゃない?」
 ふふっと背後で小さく笑うのは、ニコ・ロビンだ。
 女二人は大人しく船室で、サンジの作ったスペシャルドリンクを飲みながらくつろいでいた。
「まぁそうなんだけどさ」
「たまにはいいじゃない?こうやってのんびり過ごすのも」
 読んでいた本に栞を挟むと横に置いた。
「また遺跡の本?」
「そうよ、読む?」
「いいわ、今そんな気分じゃないし」
 はぁ~っと小さく溜息をついてロビンの正面に座る。
「じゃあどういう気分なのかしら?」
「どういう気分って?そうねぇ」
 人差し指を顎に当て、少しだけ考える。
 数秒後、何かいい考えが浮かんだのかナミはニヤリと笑う。
「ロビンに甘えたい気分・・・かな?」
「まぁ」
 ナミは素早くロビンの隣に移動すると、ロビンの腕にすり寄った。
「へへっ、たまにはいいでしょ?」
「たまに?」
「た・ま・に」
 くすくす笑うとロビンは甘えるように腕を絡めてくるナミの頭をナデナデする。


「ルフィたちのこと言えないわよね、ナミ」
スポンサーサイト

* 「ロビン×ナミ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2008/08/29
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://moetetsu7.blog59.fc2.com/tb.php/153-97f4e047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。